pagetop

手づくりのお漬物 通販 お取り寄せ 季節の新鮮野菜を美味しくお届けする老舗の漬物屋です。

畠田商店
手づくりのお漬物 通販 お取り寄せ 季節の新鮮野菜を美味しくお届けする老舗の漬物屋です。
 
ご注文・お問い合わせはこちらまで 078-911-2190
営業時間:7:00~17:30 定休日:毎週木曜日
素材の良変化 品のある味と深み

お知らせ・入荷情報

勧

畠田商店のおすすめ
お漬物

ふすま漬 白菜

ふすま漬 白菜

日本の伝統食とも言えるお漬物「ぬか漬け」
こだわり抜いた畠田商店特製”ふすまぬか”を 使用した
お漬物は、まさに至極の逸品。
好

人気のお漬物ランキング

定

定番のお漬物

甘み風味を活かした、
旬の野菜を活かしたい。
当店は、兵庫県内の新鮮な旬のお野菜を低コストで仕入れ、リーズナブルな価格でご提供いたします。
『より新鮮に、より安全なお漬物を』それが畠田商店のこだわりです。

世代ごとに引き継がれる
記憶に残る味

戦後すぐの復興期から70年以上、魚の棚と共にあるお漬物屋。
商店街で愛されつづける専門店だからこそ、ひとつひとつ丁寧に付け込む。
長年愛され続ける四季折々のお漬物を、是非ご賞味ください。
漬

畠田商店のお漬物

古漬け・しば漬・千枚漬など
定番のお漬物から、
オリジナルの珍しいお漬物まで。
畠田商店は、多彩なお漬物メニューを
ご用意しています。
当店はお子さまからご年配の方まで
味わっていただけるよう、
素材の持ち味と季節感を大切に、
野菜ひとつひとつを
丁寧に漬け込みます。
野菜の風味を生かした旬ならではの
お漬物を、是非。お楽しみください。
季

季節のお漬物

日本の四季を大切に、
旬のお野菜をさらに美味しく。
四季折々の美しいお漬物を。
定番だからこそ妥協しない、
職人の技が活きる本格志向の味。

季節のお漬物

白菜ふすま漬け

白菜ふすま漬け

冬のお野菜の代名詞ともいえる、旬の新鮮な白菜を畠田商店オリジナルの「ふすまぬか」で、1枚ずつ丁寧に塗り込みました。
白菜本来の甘さと旨みを最大限に引き出した、深みのある畠田商店の名物のお漬物をお楽しみください。

詳細情報はこちら
かぶら漬け

かぶら漬け

冬が旬のお野菜である、かぶらをひとつひとつ丁寧に処理を施し、仕上がりの美しさにもこだわった畠田商店の自慢のお漬物です。
11月~3月までと短い期間ではありますが、旬のお野菜を旬のうちに召し上がっていたきたく、畠田商店では期間限定にてご提供しています。

詳細情報はこちら
べったら漬け

べったら漬け

東京、それも日本橋を中心とした古き良き江戸文化の香り漂う、大根を原料とするお漬物「べったら漬け」。べったら漬けは沢庵と並ぶ、大根を原料としたお漬物の代名詞です。水あめと米麹を調味液に使う「べったら漬け」は畠田商店でも人気商品の一つとなっています。

詳細情報はこちら
ゆず大根

ゆず大根

大根がおいしい冬場は、同じく冬においしい柑橘類のゆずとの取り合わせた「ゆず大根」はいかがでしょう?「ゆず大根」は生野菜が不足しがちなシーズンでも、野菜本来の味わいを楽しめる一品。さっぱりした風味がお酒やご飯によく合います。畠田商店でこのお漬物をお出しするのは11月~3月の間。そう「ゆず大根」は、冬の風物詩といってもいいでしょう。

詳細情報はこちら
割漬大根

割漬大根

割漬大根は、11月から3月が旬の大根を使ったお漬物です。

詳細情報はこちら
新漬沢庵

新漬沢庵

新漬沢庵は、11月から3月が旬の大根を使ったお漬物です。

詳細情報はこちら
赤かぶ漬

赤かぶ漬

赤かぶ漬は、冬が旬の赤かぶを使ったお漬物です。

詳細情報はこちら
中抜き大根浅漬け

中抜き大根浅漬け

中抜き大根浅漬けは、11月から3月が旬の大根を使ったお漬物です。

詳細情報はこちら
長いも漬

長いも漬

長いも漬は、11月から3月が旬の長いもを使ったお漬物です。

詳細情報はこちら
東京べったら

東京べったら

東京べったらは、一年中美味しくいただける、大根を使ったお漬物です。

詳細情報はこちら
梅酢沢庵

梅酢沢庵

梅酢沢庵は、11月から3月が旬の渥美半島大根を使ったお漬物です。

詳細情報はこちら
白菜本漬

白菜本漬

白菜本漬は、11月から3月が旬の白菜を使ったお漬物です。

詳細情報はこちら

野菜ひとつひとつを
丁寧に漬け込む

一例をあげると、年配の方が好むのは
『シンプルな昔ながらの塩味』若者が好むのは『こくがあり、甘みが強い味』など
千差万別で、万人受けするものを作るのは容易ではありません。
ですが、地道な努力を重ねることによって
今日までこうして皆様に愛され続け、商売を続けることが出来ました。

地道にやっていくということは簡単そうに見えて難しいことです。
ですが、それを重ねていくことで、
結果として必ず返ってくることを長年培った経験から、身を持って実感します。

そして、これからもより多くのお客様に
美味しいお漬物を召し上がって頂きたいと、思っています。
本当においしいお漬物の付け方というのは化学式や理屈ではありません。
職人の長年培った経験と鋭い感性から出来ているのであると、我々は信じています。

お漬物を食べたことのない外国人観光客の方であっても、
実際に召し上がって頂くことで、それはおのずと伝わります。
昔気質ではありますが、そういった揺るぎない気持ちを芯に、
畠田商店でしか作ることの出来ないものをご提供できたらと思っています。
世代ごと受け継がれていく、記憶に残るお漬物そんな商品を作り続けていきたい。

それが畠田商店の願いです。

畠田商店 店主 森口 和明

お役立ち・お勧め記事